外来医師紹介

消化器専門外来

担当医師:清野 研一郎(せいの けんいちろう)

  • 北海道大学遺伝子制御研究所 免疫生物分野 教授
  • 筑波大学非常勤講師
  • 東京女子医科大学非常勤講師
資格
  • 日本外科学会認定医
  • 日本免疫学会評議員
  • 宮崎サイエンスキャンプ世話人
  • 日本移植学会会員
  • 日本癌学会会員
  • 日本消化器病学会
  • 基盤的癌免疫研究会会員
自己紹介

筑波大学卒業後、消化器外科を専攻してきました。消化管内視鏡検査を得意としています。優しく丁寧な検査を心がけています。
現在大学では「免疫学」研究の専門家です。アレルギー、自己免疫疾患などの他、腫瘍に対する免疫細胞療法などについて最先端の研究をしています。これらの分野でお悩みの方はどうぞご相談下さい。

担当医師:郷田 憲一(ごうだ けんいち)

  • 東京慈恵会医科大学 内視鏡科 診療医長
資格
  • 日本消化器内視鏡学会 関東支部  評議員
  • 日本消化器内視鏡学会 指導医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本内科学会 認定医
  • 死体解剖資格医(病理)
  • 日本食道学会  会員
  • 拡大内視鏡研究会世話人
  • 頭頸部表在癌研究会世話人
  • アメリカ消化器内視鏡学会(ASGE) 国際会員
  • ヨーロッパ消化器内視鏡学会(ESGE)国際会員
  • 国際食道病学会(ISDE)会員
  • World Journal of Gastroenterology, Associate Editor-in-Chief
賞・その他
  • 第13回(平成15年度)日本消化器内視鏡学会 学会賞
    (受賞論文:Helicobacter pylori除菌後の胃MALTリンパ腫の長期経過
    -除菌後、3年以上経過観察しえた24例の検討-)

  • 平成19年 医学博士取得(東京慈恵会医科大学)
    テーマ:バレット食道・腺癌に対するNBI拡大内視鏡の臨床的有用性
    英語主論文:Usefulness of magnifying endoscopy with narrow band imaging for the detection of specialized intestinal metaplasia in columnar-lined esophagus and Barrett's adenocarcinoma. Gastrointest Endosc 2007;65:36-46.
自己紹介

胸焼け・上腹部痛・胃十二指腸潰瘍・ピロリ菌など食道・胃でお悩みの方、胃・大腸の慢性炎症・ポリープ・がんが心配の方は、ぜひ内視鏡検査を受けてください。 
適切な鎮静剤投与で苦痛のない、かつ適確な内視鏡検査に心がけております。

特に、治りにくいがんの一つで手術による負担も大きい食道がんでも、がんが粘膜の浅い層にとどまっていいれば内視鏡治療が可能なことが多く、この場合の5年生存率は100%です。
この食道がんの内視鏡治療を得意としております。

循環器専門外来

担当医師:工藤 真大

専門分野
  • 冠動脈疾患
  • 不整脈
  • インターベンション
  • 電気生理学的検査
略歴
  • 東邦大学医学部 卒業
  • 医師免許取得(平成9年)
  • 東邦大学大橋病院第三内科入局
 

担当医師:飯田 啓治(いいだ けいじ)

資格
  • 日本内科学会認定内科医・指導医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本老年医学会認定老年病専門医


自己紹介

筑波大学大学院卒業後、約18年間大学に勤務し、心臓の筋肉の病気(心筋症)ならびに心不全について学んできました。筑波大付属病院には開院以来講師として医療に従事してきましたが、今回、非常勤医として佐藤寿一クリニックにて主に心臓病を担当いたします。 心臓がおかしい(たとえば、動悸・胸痛・呼吸困難など)と思われたときには、ご相談ください。

担当医師:土肥 敏樹(どい としき)

資格
  • 日本胸部外科学会認定医
  • 日本不整脈学会評議委員
  • 日本心臓血管外科学会国際会員
  • 日本循環器学会会員
  • 日本血管外科学会会員
  • 日本不整脈学会会員
  • 日本心臓血管外科学会会員
  • 日本胸部外科学会会員
自己紹介

東京女子医大付属心臓血圧研究所における研修後、筑波大学大学院、カナダモントリオール大学留学を含め、不整脈、狭心症、心筋梗塞の研究と治療の実践に携わってきました。
今回、非常勤医として佐藤寿一クリニックにて主に不整脈、狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症及び閉塞性動脈硬化症、下肢の静脈瘤の診断と治療を中心に診療を担当いたします。
心臓がおかしい(たとえば、血圧が変動しやすい、胸が痛くなった、動機、息切れがする、むくみ、手足が冷える、下肢の静脈瘤がひどくなった)と思われたときには、ご相談ください。

このページの先頭に戻る