特定業務従事者健康診断

(労働安全衛生規則第44条)深夜業務などの特定業務に従事する労働者では、その業務についたときおよび6ヶ月ごとに1回定期的に定期健康診断と同じ項目の健康診断をおこなわなければなりません。

検査内容

  • 既往歴、業務歴の調査
  • 自覚症状、他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力(1,000HZ 4,000HZの純音をオージオメーターで検査)
  • 胸部エックス線検査
  • 血圧
  • 尿一般(糖、蛋白)
  • 貧血【赤血球、血色素】
  • 肝機能検査(GOT,GPT,γ−GTP)
  • 血中脂質検査(総コレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド)
  • 血糖検査
  • 心電図検査(安静時標準12誘導心電図)

○定期健康診断と同じ項目なので、定期健診AとBに分かれます。

*法定Aの35歳、40歳以上の方は、医師が必要でないと認める場合、貧血検査、肝機能検査、血中脂質検査、血糖検査、心電図検査を年に一回省略できます。 
すなわち、これらの項目は6か月前の受診歴がある場合に限り(年2回のうち1回を)、医師の判断で省略が可能です。(安衛則45-2)

このページの先頭に戻る