裂肛(きれ痔)について

裂肛(切れ痔)は硬い便などによって肛門に切り傷ができたものです。
排便時に激痛を感じることもありますが、しばらくすると、痛みは消えてしまいます。
痛みがつらいために排便を避けがちですが、そうすると便秘になり、ますます肛門を痛めるという悪循環を起こしやすいので注意しましょう。

早めの治療が大切。慢性化して潰瘍になると、手術が必要になることもあります。

急性裂肛

肛門上皮が浅く避けている状態で、できてから日が経っていないものです。

かゆみを感じることもありますが、多くは排便時の痛みと出血です。出血は痔核と比べ少なく紙につく程度です。

原因

一番の原因は、便秘です。
便秘がちだと便が硬くなり、無理やり出すために肛門を傷つけてしまうのです。

症状

排便時に肛門がひどく痛みます。出血は、紙で拭くと少しつく程度。
慢性化して症状が進むと、排便後の激痛が何時間もつづくようになり、傷が炎症を起こして激痛をともなう肛門潰瘍となります。

治療

肛門が切れたものが裂肛(切れ痔)です。固い便の通過などで肛門が無理に広げられることによって起こります。初期では排便時の痛みと少量の出血があります。進行すると、排便後に長時間痛みが続くようになります。また、裂肛(切れ痔)は痔ろう(あな痔)になったり、肛門が狭くなることもあります。薬を使ったり、便秘をしないようにすれば、裂肛(切れ痔)はおさまりますが、慢性化したものには手術が必要です。

慢性裂肛

常に同じ場所が切れ、深くなり、その周囲に肛門ポリープや見張り疣などが出現した状態です。
切れ目がさらに深くなり(肛門潰瘍)、周囲に炎症がおきると括約筋に線維化がおき硬化して肛門が細くなります(肛門狭窄)。化膿することもあり(肛門周囲膿瘍)、そこから痔ろう(あな痔)を形成することもあります(裂肛痔ろう)。

治療

薬の治療ではよくなりません。肛門を広げる手術をします。
治ってない裂肛と線維化がおきて硬くなった部分を切開あるいは切除し、肛門を広げる術式です。

このページの先頭に戻る