かぜ、喘息、肺炎など

かぜやインフルエンザといった一般的な疾患から、気管支喘息、肺気腫、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺がんといった特殊な病気まで、呼吸器内科全般を正しく診断し、最新の治療を提供しております。

長く続くせきが主な症状病気には咳喘息、アトピック咳症候群、気管支喘息といった気道の過敏性と関連した機能的疾患のほかに、肺結核、肺がんといった器質的疾患も混在しております。
慢性に続くから咳があればぜひ一度来院されることをおすすめいたします。

ピークフローメーターにより喘息の管理、慢性気道感染症の診断と治療の効果判定に役立てています。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の疑いのある方に対して、睡眠時無呼吸判定用夜間睡眠モニターをつかって、本格的な入院して検査を要する状態かどうか判定やCPAP(シーパップ)による治療の効果判定をおこなっています。

診療を行っている主な病気

気管支喘息、肺気腫、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺繊維症、間質性肺炎、慢性呼吸不全、呼吸器感染症、胸部異常陰影の診断、睡眠時無呼吸症候群(SAS)

クリニックの治療の特色

気管支喘息

最新の吸入ステロイド療法を採用し、スパイロメーター、ピークフローメーター、喘息日誌の指導など、きめ細かくおこなっています。
定期的な外来通院をすることによって発作の回数は非常に少く、息切れなどのコントロールは良好となっております。

肺がん

年々患者数が増加しております。
年一回の胸のエックス線撮影が早期発見につながります。
禁煙補助薬を使った禁煙指導も行っています。

慢性呼吸不全、肺気腫、慢性閉塞性肺疾患(COPD)

軽症から酸素療法が必要な重症まで幅広い患者様がいますが、呼吸機能の推移をみながら
QOLを保つようにしています。呼吸法の指導や吸入療法を行っています。でも、どう考えても禁煙以上の治療法はありません。十分な禁煙を含めた指導が必要です。詳細はこちら

肺線維症、間質性肺炎

ゆっくり進行する慢性型と急速に悪化する急性型がありきめ細い経過観察が必要です。

感染症

肺炎、胸膜炎、膿胸、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺真菌症など呼吸器感染症では提携病院と緊密な連絡をとりつつ病態に応じた適切な治療を行っています。

結核

近年、高齢者を中心に再び結核が広がりつつあることがわかってきました。
結核の診断と治療にも提携病院と連絡をとりつつ最大の注意を払っています。

異常陰影の診断

(肺がんなどいろいろな疾患がまじっています)
最近は健康診断で肺の末梢の小さな陰影の診断を指摘されることが多くなっています。
佐藤寿一クリニックではデジタルエックス線写真システムにより正確な診断が可能となっています。びまん性疾患の場合でも小陰影と同様に提携の専門医、提携病院と連携し、一般のCT検査は通常ほぼ当日に撮影が出来すように迅速な対応をはかっています。

このページの先頭に戻る