喘息を調べる呼気NO検査
(一酸化窒素検査)

当院では、喘息の検査として呼気中の一酸化窒素濃度(FeNO)を測定する呼気NO検査を実施しています。

成人喘息と呼気NO検査についての詳細はこちらをご覧ください

その長引く咳、喘息かもしれません!

喘息は、「ヒューヒュー」「ゼイゼイ」といった喘鳴や息苦しさやとまらない咳を伴う疾患です。
これらの症状は、空気の通り道である気道に炎症が生じることによって引き起こされます。

呼気NO検査とは

呼気NO検査は、マウスピースをくわえて深呼吸をするだけで、呼気中に含まれる一酸化窒素(NO)の濃度を簡単に測定することができます。

検査機器

NIOX VERO 呼気中一酸化窒素濃度(FeNO)測定器 NIOX VERO(ナイオックス ベロ)
呼気中に含まれる一酸化窒素(FeNO)の濃度を測定して気道の炎症状態を測定して、新しいぜんそくの診断ができます。

呼気中の一酸化窒素濃度が上昇した場合、気道に好酸球性の炎症があることがわかります。炎症の程度によりぜんそく治療が必要かどうかの判断や、薬の効果も分かるため投与量の増減にも役立ちます。そのため、治療の効率化にもつながると考えられます。

呼気NO検査の流れ

検査時間は約1分30秒です。

検査装置に取り付けられたフィルタをくわえて、息を吸い込んでから吹き込むだけです。

炎症とバイオマーカーの関係

喘息は慢性の気道炎症を本態とする疾患であり、治療に際しては気道炎症の状態を評価することが重要です。そして気道炎症の評価にはバイオマーカーが有用であると考えられます。

日常臨床において、好酸球と呼気中一酸化窒素濃度(FeNO)はともに気道炎症を評価するバイオマーカーとして有用ですが、喘息の気道炎症には様々な炎症細胞やサイトカインが関与しているため、これらの因子と各バイオマーカーがどのような関係にあるのか考慮する必要があります。

好酸球は、IL-5刺激により分化・成熟、生存延長、活性化など様々な影響を受け、また好酸球の上昇にはIL-5の寄与が大きいと考えられています。

一方、FeNOは、IL-4及びIL-13の刺激により気道上皮でNO合成酵素の発現量が増加し、これに伴いFeNOも上昇すると考えられています。

IL-5とIL-13の主な産生細胞は、ともにTh2細胞及び2型自然リンパ球(ILC2)であるため、IL-5とIL-13の発現量は相関することが報告されています。

実臨床においても、好酸球とFeNOが相関するため、喘息の状態把握のために呼気試験として利用されています。

このページのトップに戻る