鼻腔ぬぐい液が「新型コロナウイルス検査の検体」として認められました

鼻腔ぬぐい液のPCR検査・抗原検査をご希望の方は、窓口かお電話(042-710-2251)でお問い合わせください。


新型コロナウイルス感染症に関しては、東京都などで再び患者数増加の兆しがあり、また「季節性インフルエンザと並走する」ことも予想されています。

そうした中では、「感染拡大防止策の徹底」や「医療提供体制の確保」などが重要政策課題である点に変わりはありません。

医療提供体制のうち、新型コロナウイルス感染者を鑑別する検査法に関しては、厚生労働省が3月6日に「PCR検査」(核酸検査)を、5月13日に「抗原検査」(抗原定性検査)を、さらに6月25日に「抗原定量検査」を保険適用しています。

検査検体については、これまでPCR検査・抗原定性検査では鼻腔咽頭ぬぐい液と唾液、抗原定量検査では鼻腔咽頭ぬぐい液「―」とされてきましたが、今般、いずれの検査についても「鼻腔ぬぐい液」を検体とすることが新たに可能となりました。

ただし、「検査の種類」「症状の有無」、有症状者では「発症からの日数」により、下表のように検体が異なります。




新型コロナウイルス関連コラム

このページのトップに戻る