新型コロナウイルス

病原体・臨床像

これまでにヒトに感染するコロナウイルスは4種類知られており、感冒の原因の10〜15%を占める病原体として知られています。

また、イヌやネコなど動物に感染するコロナウイルスも存在します。

2002年中国・広東省に端を発した重症急性呼吸器症候群(SARS)は、コウモリのコロナウイルスがハクビシンを介してヒトに感染し、ヒト-ヒト感染を起こすことで8,000人を超える感染者を出しました。

また、2012年にはアラビア半島で中東呼吸器症候群(MERS)が報告され、ヒトコブラクダからヒトに感染することが判明しました。

そして2019年12月から中国・湖北省武漢市で発生した原因不明の肺炎は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が原因であることが判明しました。

SARS-CoV-2による感染症をCOVID-19(感染症法では新型コロナウイルス感染症)と呼びます。

感染経路

飛沫感染が主体と考えられており、歓喜の悪い環境では、咳やくしゃみなどがなくても感染すると考えられます。

潜伏期・感染可能期間

潜伏期間は1〜14日間であり、暴露から5日程度で発症することが多いとされています。

発症前から感染性があり、発症から間もない時期の感染性が高いことが市中感染の原因になっています。

季節性

コロナウイルス感染症は一般に温帯では冬季に流行することがしられておりますが、COVID-19にも当てはまるかは現状は不明です。

臨床像

多くの症例で発熱、呼吸器症状(咳嗽、咽頭痛、鼻汁、鼻閉など)、頭痛、倦怠感などがみられます。

下痢や嘔吐などの消化器症状の頻度は10%未満であり、少ないと考えられます。

初期症状はインフルエンザや感冒に似ており、この時期にこれらとCOVID-19 を区別することは困難です。

嗅覚障害・味覚障害を訴える患者が多いことも分かってきています。

イタリアからの報告によると約3 割の患者で嗅覚異常または味覚異常があり、特に若年者、女性に多い傾向にあります。

中国では発症から医療機関受診までの期間は約5日、入院までの期間は約7日と報告されており、症例によっては発症から1週間程度で重症化してくるものと考えられています。

さらに重症化する事例では10 日目以降に集中治療室に入室という経過をたどる傾向があります。

重症化のリスク因子

抗原検査の立ち位置

検体の採取方法と判定

RT-PCR法との相関性試験

PCR検査について

PCR検査に医療保険を適用することとしました。

これにより、保健所を経由することなく、医療機関が民間の検査機関等に直接依頼を行うことが可能となり、民間検査会社等の検査能力の更なる活用が図られることになります。

新型コロナウイルス感染症の診断における鼻咽頭ぬぐい液及び唾液の有用性について、発症から9日以内であれば、両者で良好な一致率が認められるとの研究結果が示されました。

この結果をもとに、「症状発症から9日以内の者については唾液PCR検査を可能」とすることとしました。

唾液を用いたPCR検査の導入等について(6月2日掲載)

また、7月17日より、無症状の方に対しても、唾液を用いた検査を活用できることとなりました。

無症状者の唾液を用いたPCR検査等について(7月17日掲載)

(参考)第44回厚生科学審議会感染症部会(7月15日持ち回り開催)

抗原検査について

抗原検査キット(抗原定性検査)

本邦ではエスプラインSARS-CoV-2とクイックナビ-COVID19 Agが新型コロナウイルス抗原検査キットとして承認されました。

(参考)
抗原を用いたイムノクロマト法の検査キットが5月13日に薬機承認を得られたことから、同日、第40回厚生科学審議会感染症部会で議論しました。
第40回厚生科学審議会感染症部会(5月13日開催)

承認後当初は、抗原検査キットで陽性の場合は確定診断となる一方、陰性の場合は確定診断のために再度PCR検査が必要でしたが、調査研究の結果、発症2日目から9日以内の有症状者については、抗原検査キットとPCR検査の結果の一致率が高いことが確認されました。

そのため、6月16日に「 SARS-CoV-2 抗原検出用キットの活用に関するガイドライン」の見直しを行い、鼻咽頭拭い液による検査は、発症2日目から9日目までの患者について、検査結果が陰性でも確定診断が行えるようになりました。

定性抗原検査キットの供給については、当初、患者発生数の多い都道府県における帰国者・接触者外来等から供給を開始し、徐々に拡大し、現在は検査施設や医療機関の類型を問わず広く全国に供給されるようになっています。

(参考)定性抗原検査キットを活用した検査フロー

(参考)使用方法のガイドラインはこちら
SARS-CoV-2 抗原検出用キットの活用に関するガイドライン

(参考)無症状者の唾液を用いたPCR検査等について(7月17日掲載)

(参考)第44回厚生科学審議会感染症部会(7月15日持ち回り開催)

PCR検査との違いは下の表をご覧ください。

抗体検査について

現在、イムノクロマト法と呼ばれる迅速簡易検出法をはじめとして、国内で様々な抗体検査キットが研究用試薬として市場に流通していますが、期待されるような精度が発揮できない検査法による検査が行われている可能性もあり、注意が必要です。

また、現在、日本国内で医薬品・医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)上の体外診断用医薬品として承認を得た抗体検査はありません。

WHOは、抗体検査について、診断を目的として単独で用いることは推奨されず、疫学調査等で活用できる可能性を示唆しています。

抗体保有調査について

厚生労働省が実施する抗体保有調査(一般住民調査)では、世界的にみて一定の基準を課している国において、既に使用が認められているなど、一定の評価がなされている抗体検査機器を活用することとしています。

抗体保有調査概要(一般住民調査)概要(5月29日掲載)

厚生労働省では、我が国の抗体保有状況の把握のため、東京都、大阪府、宮城県の3都府県について、それぞれ一般住民約3,000名を性・年齢区分別に無作為抽出し、6月第一週に血液検査を実施いたしました。

その結果、各自治体における抗体保有率が判明しました。

抗体保有調査結果(6月16日掲載)

上記記載の令和2年6月16日に公表した抗体保有調査について、国立感染症研究所で実施した中和試験の結果が判明しました。

抗体保有調査における中和試験の結果について(7月14日掲載)

(参考)抗体検査キットの性能評価について
AMED研究班が、日本赤十字社の協力を得てとりまとめた「抗体検査キットの性能評価」について公表しています。
抗体検査キットの性能評価(5月15日掲載)

新型コロナで米CDC
新たに発表された「6つの症状」とは

感染が疑われる場合の症状について、

  • 1.発熱
  • 2.咳
  • 3.息切れ(CDCは10月より、息切れが「息切れまたは呼吸困難」に変更)

次の症状も「兆候」として新たに追加した。

  • 悪寒
  • 悪寒による度重なる震え
  • 筋肉の痛み
  • 頭痛
  • 喉の痛み
  • 味覚や嗅覚がなくなる

厚生労働省の新型コロナの診療の手引きにも

COVID-19の人々は、軽度の症状から重度の病気まで、さまざまな症状が報告されています。

症状は、ウイルスにさらされてから2〜14日後に現れることがあります。

これらの症状を持つ人々はCOVID-19を持っているかもしれません。

  • 発熱または悪寒
  • 息切れまたは呼吸困難
  • 倦怠感
  • 筋肉や体の痛み
  • 頭痛
  • 味や匂いの新たな喪失
  • 喉の痛み
  • 鼻づまりまたは鼻水
  • 吐き気または嘔吐
  • 下痢

風邪、インフルエンザとコロナウイルスの初期症状は区別がつきにくい?!

夏風邪とは?

そもそも夏風邪とは、夏に流行る感染症のいくつかをまとめた総称としています。

夏風邪の原因となるウイルスは、アデノウイルス、コクサッキーウイルス、エンテロウイルスで、これらのウイルスによって起こる感染症はプール熱、手足口病、ヘルパンギーナです。

これらのウイルスに感染して医療機関を受診した場合、症状を見て、病名を判定することが多く、どのウイルスに感染しているかの検査をすることも少ないです。

また、症状が類似しているため、結果として夏風邪とひとくくりにされてしまうことがあるのです。

夏風邪と新型コロナウイルスの違いは?

実は、医師であっても夏風邪と新型コロナウイルス感染症を症状のみで見分けることは非常に難しいとしています。

厚生労働省の新型コロナウイルス感染症診療の手引き(第2.2版)においても、「初期症状は多くの症例で、発熱、呼吸器症状(鼻閉など,鼻汁,咽頭痛,咳)、頭痛、倦怠感等が見られます。

下痢や嘔吐などの消化器症状の頻度は多くの報告で10%未満であり、SARSやMERSよりも少ないと考えられる。

初期症状はインフルエンザや感冒と似ており、この時期にこれらとCOVID-19を区別するのは困難である」と記載されています。

医療機関で使用される診療の手引きにこのことが記載されているのですから、一般の方が症状のみで夏風邪と新型コロナウイルスを見分けるのはなおのこと難しいでしょう。

夏風邪は、頭痛、のどの痛み、高熱、下痢、腹痛をともなうのが特徴です。

特に、高い熱とのどの痛みは新型コロナウイルス感染症でも起こることがあります。

また、夏でもインフルエンザがはやることもあります。

インフルエンザの場合は咳などの上気道症状を伴うこともあるため、この点でも新型コロナウイルス感染症と類似しています。

特に夏はエアコンを使用することによって空気が乾燥するため、のどの痛みなどの症状を感じやすくなり、新型コロナウイルスとの鑑別が難しくなります。

夏風邪を予防すると新型コロナウイルスの予防にもなる?

夏風邪も新型コロナウイルスと同じく原因はウイルスです。

そのため、マスクの着用や、ソーシャルディスタンスをとる、手洗いうがいを徹底することで予防へとつながります。

特に夏は暑くて寝苦しく、睡眠不足になったり、食欲が落ちて冷たいものばかり食べるなどして栄養不足になったりと免疫力が低下しやすくなります。

バランスのとれた食事を摂ったり、睡眠をしっかりと取れるように環境を工夫して、免疫力を挙げることも予防に必要です。

夏風邪と新型コロナウイルスの判別ができない場合には?

体調が悪いけれど夏風邪と新型コロナウイルスの判別ができないという場合には、自己判断せずに医療機関へご相談ください。

新型コロナウイルスは放っておくことで重症化する場合もあるからです。

ですが、新型コロナウイルスかどうかもわからないのにいきなり医療機関を受診してしまえばウイルスをまき散らしてしまいます。

まずは、保健所や医療機関などに電話で相談をするようにしましょう。

特に、2020年10月現在のように新型コロナウイルスが流行している時期や、濃厚接触をしているという場合には、新型コロナウイルス感染を疑って行動することで感染を拡大させないようにすることができます。

このページのトップに戻る