禁煙外来

佐藤寿一クリニックでは、禁煙治療を行っています。
次の項目に当てはまる場合、禁煙外来を保険適応で受けることができます。

  • スクリーニングテストと呼ばれるチェックテストの結果が5点以上
  • 35歳以上の方については、[1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数]が200以上
  • 1ヵ月以内に禁煙したいと思っている
  • 禁煙治療を受けることに文書で同意している

禁煙外来に初めて受診された際に治療の説明とあわせて、保険診療を受けられるかを確認させていただきます。

禁煙治療の詳細はこちら

禁煙補助薬

禁煙を始めて2、3日はニコチン切れのイライラやストレスなどの離脱症状が現れますが、医療用医薬品の禁煙補助薬(飲み薬や貼り薬)を使うことにより、そういった離脱症状を和らげることができます。

禁煙補助薬の種類と健康保険等の適用範囲

禁煙補助薬には、

  • ニコチンを含まない飲み薬
  • ニコチンパッチ
  • ニコチンガム

の3種類があります。

医師が処方し、健康保険等が使えるのは、ニコチンを含まない飲み薬(チャンピックス)と、医療用のニコチンパッチ(ニコチネルTTS)です。ニコチンガムと、一部のニコチンパッチは、薬局で買うことのできる一般用医薬品になります。

禁煙補助薬の分類 ニコチンを含まない飲み薬 ニコチンパッチ ニコチンガム

日本循環器学会, 日本肺癌学会, 日本癌学会, 日本呼吸器学会 : 禁煙治療のための標準手順書 第6版 : 2014 [L20140807011]より作図

禁煙補助薬の特徴

チャンピックスとニコチネルTTSは、どちらも禁煙補助薬ですが、作用は全く異なります。チャンピックスは、タバコによる満足感を弱めることで、自然に喫煙量を減らす「飲み薬」です。ニコチネルTTSは、タバコの代わりに「ニコチン」を補充することで、禁煙の継続を助ける「貼り薬」です。

ニコチネルTTS(貼り薬) チャンピックス(飲み薬)
長所
  • 使用法が簡単(貼り薬)
  • 自己負担額が少なく済む場合が多い
  • 食欲抑制効果により体重増加の軽減が期待できる
  • ニコチンの血中濃度がほぼ一定に保たれ、喫煙欲求が起こりにくくなる
  • 使用法が簡単(飲み薬)
  • ニコチンを含まない
  • 離脱症状だけでなく、喫煙による満足感も抑制できる
  • 循環器疾患がある人、肌が弱い人でも使いやすい
短所
  • 突然の喫煙欲求に対処できない
  • 肌が弱い人や汗をかくことが多い人には不向き
  • 突然の喫煙欲求に対処できない
  • 自動車の運転等、危険を伴う機械の操作に従事している人は使えない

ニコチネルTTSでの禁煙プログラム

1日1回1枚24時間貼付 薬を使い始めたその日から禁煙

最初の4週 ニコチネルTTS30
次の2週 ニコチネルTTS20
最後の2週 ニコチネルTTS10

ニコチネルTTSでの禁煙プログラム予定表

チャンピックスでの禁煙プログラム

最初の1週間はタバコを吸ってもOK。

1〜3日目 0.5mg錠 1日1回(食後 ※時間は問わない)
4〜7日目 0.5mg錠 1日2回(朝夕食後)
8日目〜 1mg錠 1日2回(朝夕食後)

チャンピックスでの禁煙プログラム予定表

禁煙外来にかかる費用(目安)

治療内容によって金額は異なる場合がございます。
詳しくは当院スタッフへお尋ね下さい。


ニコチネルTTS(貼り薬) チャンピックス(飲み薬)
費用 自己負担費
(3割負担分)
費用 自己負担費
(3割負担分)
診療所 初診料
+再診料
7,780円 5,830円 7,780円 6,040円
ニコチン
依存症管理料
9,620円 9,620円
院外処方箋料 2,040円 2,720円
保険薬局 調剤料 2,790円 7,230円 6,160円 13,620円
禁煙補助薬 21,320円 39,230円
合計 43,550円 13,060円 65,510円 19,660円

*1禁煙のみを目的に、診療所又は許可病床数が200 床未満、時間外対応加算、明細書発行体制等加算の施設基準に係る届出をしていない医療機関で治療を受けると仮定。再診料には外来管理加算を含むと仮定。(注)他の疾患の治療にあわせて禁煙治療を受ける場合、初診料および再診料については重複して支払う必要はありません。
*2院外処方で、禁煙補助薬のみ処方されると仮定。
*3処方せん受付回数が月4000回超かつ特定の保険医療機関からの集中度が70%超、あるいは処方せん受付回数が月に2500回超かつ特定の保険医療機関からの集中が90%超、以外の保険薬局で調剤を受けると仮定。基準調剤加算1・2、後発医薬品調剤体制加算1・2の施設基準に係る届出をしていない保険薬局。調剤基本料・調剤料のほか、薬剤服用歴管理指導料を含むと仮定。
*4禁煙補助薬を標準的な用法・用量で使用すると仮定(ニコチンパッチは8週間、チャンピックスは12週間)。
日本循環器学会, 日本肺癌学会, 日本癌学会, 日本呼吸器学会 : 禁煙治療のための標準手順書 第6版 : 2014 [L20140807011]より改変

このページの先頭に戻る