おなかの病気

上食道、胃、大腸、肛門、肝臓、胆道およびすい臓疾患を中心に、消化器病全般の診療を行なっています。さらに、消化器内科の専門性に加え、他領域の疾患の合併にも対応できるよう、内科全般の診療にも精通しています。
日常検査としては、食道、胃、大腸、肛門のX線および内視鏡検査、腹部超音波検査(エコー検査)を実施しています。 必要に応じて関連施設でのCTスキャン、MRI検査を行っております。

診療を行っている主な病気

逆流性食道炎、食道静脈瘤、胃・十二指腸潰瘍、胃・十二指腸ポリープ、胃がん、
大腸ポリープ大腸がん、便通異常、機能性消化吸収不良、過敏性腸症候群クローン病
潰瘍性大腸炎、急性肝炎、B・C型慢性肝炎、肝硬変、肝がん、自己免疫性肝炎、
原発性胆汁性肝硬変、脂肪肝、胆石、胆のう炎、急性・慢性すい炎、すいがん

治療

胃潰瘍、十二指腸潰瘍に対するヘリコバクターピロリの除菌療法、胃・大腸ポリープや癌に対する内視鏡的治療、B型・C型肝炎ウイルスに対するインターフェロン療法、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変の治療

クリニックの治療の特色

消化管疾患では、食道、胃、大腸のポリープあるいは早期がんに対して、内視鏡を駆使した治療を積極的に取り組んでいます。
特にヘリコバクターピロリ菌の診断と治療は当院の最も得意とする分野です。

広く肝疾患の病態の解明と治療法の確立に精力を注いでいますが、自己免疫性肝疾患(自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変)の診断治療に力を入れています。肝がん発症のハイリスクグループであるウイルス性慢性肝疾患に対しては、厳格な経過観察を行ない、さらに慢性肝炎にインターフェロンを積極的に使用することにより、将来の肝がん発症を抑制しています。

また、近年増加している潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患および過敏性腸症候群(IBS)をはじめとする機能性胃腸障害に対しても専門的な診療を行っています。

クリニックの主な設備、医療機器検査の工夫

内視鏡検査は、1週間午前・午後共に、電子スコープで上部(食道・胃)、下部(大腸)内視鏡を行なっています。また、 腹部超音波装置はドップラー、ハーモニック型を含めると、2台保有しており、外来診察において必要に応じて機敏に対応しております。

このページの先頭に戻る