内視鏡用炭酸ガス送気装置
(UCR)について

炭酸ガス送気装置(UCR)を導入しました

佐藤寿一クリニックでは、大腸内視鏡検査後の「お腹の張り」といった患者様の不快感を和らげるため、炭酸ガス送気装置(UCR)を導入いたしました。

炭酸ガス送気装置(UCR)とは

通常、大腸内視鏡検査では空気を送りながら観察をします。検査中に送られた空気が検査後も腸内に残り、腹部の膨満感や不快感を訴える方がおられました。

炭酸ガス送気装置(UCR)は、検査の際に、空気ではなく炭酸ガスを大腸内に送ります。炭酸ガスは、空気に比べ極めて生体吸収性に優れており、吸収されれば呼吸として体外に排出されます。

そのため、検査後のお腹の張り感を軽減することができ、患者様の不快感を和らげることができます。

佐藤寿一クリニックでは、この炭酸ガス送気装置(UCR)の導入により、これまで以上に「安心」「安全」「効率的な検査」を実施することが可能となりました。

このページの先頭に戻る