大腸内視鏡検査について

予約制となっています

佐藤寿一クリニックでは、患者さまが安心でき、より安全で確実な検査を行うため、予約制となっております。また、ご自宅で腸をキレイにするお薬(腸管洗浄剤)をお飲みいただいた後にご来院していただきます。

  1. スコープの消毒は次亜塩素酸を用いて丁寧にブラッシングをし、内視鏡専用の自動洗浄機で検査ごとに洗浄しております。
  2. 大腸検査は本来大腸の中の便をすべて出した後、行うのが基本です。現在普及 している腸管洗浄剤を用いますが、以前のような前日および前々日の食事制限は必要ありません。
    朝食を抜いていただき(透きとおった飲み物の制限はなし)、来院していただければ結構です。

大腸内視鏡検査の準備

  1. 朝食を抜いて自宅で、腸管洗浄剤で処置をしてから来院していただきます
    腸管洗浄剤は2〜4時間かけてご自宅で1.8リットルを飲んでいただき、来院時に、排便がきれになっていれば大腸はキレイになっています。来院後すぐに検査いたします。便がすべて出るのにかかる時間は、早い方だと2〜3時間ですが便秘のひどい方は4〜5時間かかることがあります。

    肛門科の専門医によっては、予約なしで、診察後すぐに直腸S状結腸内視鏡検査をすることがあります。その場合は、検査前に浣腸するなどの方法で行います。この場合は、大腸のうち肛門側から見て1/2〜1/3程度の範囲までの観察になります。
  2. 検査に要する時間は3分〜15分です
    直腸S状結腸内視鏡検査のときは、ほとんどの方は痛みもなく注射や点滴を行わずに検査が終わります。

    しかし全結腸内視鏡検査の場合や大腸の緊張の強い方や癒着のある方、痛みの強い場合は、腸の緊張を取る薬や鎮静剤・鎮痛剤を使用することもあります。鎮静剤や鎮痛剤を使用した場合は検査終了後1〜2時間ほどお休みいただき、ご帰宅いただきます。

大腸ポリープが発見された場合

切除可能な場合はその場で切除します

大腸ポリープ切除は全く痛くはありません。 しかし切除後、腸を安静にするため、食事・アルコール制限や運動の制限をしていただく必要があります。

お仕事などの関係でその時に切除できなければ日を変えて行います。
ポリープの大きさや数によっては入院が必要な場合もあります。

費用

診察、検査および手術・入院は、その内容や保険の負担割合(多くの方は3割になりました)により異なりますが、大まかには以下のとおりです。

大腸内視鏡検査 6,000円前後
大腸ポリープ切除(入院なし) 15,000〜25,000円
肛門手術(痔核(いぼ痔)、裂肛(切れじ)、痔ろう(あな痔)手術) 60,000〜90,000円

※上記金額は3割負担の場合です。

このページの先頭に戻る