大腸憩室症について

大腸にできる凹みをいます。日本人は盲腸や上行結腸に多く、欧米人はS状結腸に多いと言われてきました。しかし、最近は日本人もS状結腸の憩室が増えてきました。
特に治療をするわけではありませんが、出血の原因になったり、炎症を起こし(憩室炎)、腹痛の原因になったりもします。

治療

憩室炎や出血のない時は特に治療を行いません。憩室炎と診断がつけば、絶食・抗生物質投与の保存的治療でほぼ改善します。出血は保存的に抑えられることが多いのですが、止まらなければクリップで止血したり、出血部を切除したりすることもあります。

このページの先頭に戻る