佐藤寿一クリニック

男性型脱毛症(AGA)

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

AGAは一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。

このように、AGAは成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。

思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

AGAの原因とは

AGAの大きな原因は、以下の2つです。

通常、髪の毛は2~6年かけて、太く長い髪の毛に育っていきます。
しかし、男性ホルモンのテストステロンが男性型脱毛症(AGA)の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)に変換されると、悪影響を及ぼし、成長期が数ヶ月~1年と大幅に短縮されます。すなわち、DHTは5α-還元酵素という酵素によってテストステロンからつくられます。DTHがあると髪の毛が十分に育たず、細く柔らかいうちに抜けることになります。

AGAの治療薬

AGA(男性型脱毛症)は放置していても薄毛進行が治まることはありません。

食生活、運動、睡眠などの生活習慣はもちろん大切ですが、薄毛を促すメカニズムが動き始めてしまっている環境では、生活習慣の改善だけでは薄毛対策としては不十分です。

AGAを根本的に治療していくためにはお薬が必要になります。

AGAの治療薬は大きく分けると2種類に分類されます。

一つは「抜け毛を防いで維持するお薬」もう一つが「毛髪を生やす・太くするお薬」です。

その中でAGA治療の現場でメインに使われている「プロペシア」「ザガーロ」「ミノキシジル」についてご紹介いたします。

抜け毛を防いで維持するお薬

プロペシア

「プロペシア」は日本で認可されているAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。医師が処方する内服薬で、長期間服用を続けることで薄毛を抑える効果があると認められているものです。日本全国ほとんどのクリニックで採用されている非常にポピュラーな薬です。

プロペシアは医師の処方箋がなければ購入・使用ができない医療用医薬品です。必ず、医師の診察を受けて医師の処方箋で購入してください。


プロペシアの効果は有効成分「フィナステリド」の作用

薄毛は、男性ホルモンの影響を受け進行します。男性ホルモンの一つに「テストステロン」と呼ばれるものがあります。テストステロン自体は男性にとって、なくてはならないホルモンなのですが、これが頭皮(特に前頭部や頭頂部)の毛乳頭から分泌される還元酵素「5αリダクターゼ」と結びつくと、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という別の男性ホルモン(悪玉男性ホルモン)に変化します。

このDHTが脱毛因子を増やし「髪の毛がぬけるように」という指令を出します。そうする髪の毛は太く成長する前に抜けて落ちてしまい、細い毛が目立つ薄毛の状態になるのです。フィナステリドは、このDHTという抜け毛の元凶を作らないようにするために、5αリダクターゼの活性を弱めてDHTを生成を阻害する作用があります。


プロペシアの効果とは

プロペシアは「抜け毛を減らす」という効果があります。実際にフィナステリドを服用した人の78%がAGAが改善したと実感しています。効果を実感するまでの期間は一般的には半年から1年ほどです。すぐには効果は出てこないので、少なくとも3ヶ月から半年はフィナステリドの服用を続ける必要があります。

年齢は20~40歳くらいの比較的若い方には最も効果的です。加齢に伴って頭髪の毛母細胞は減少していくので、年齢が高くなって髪が残り少なくなればなるほど効果は乏しくなっていきます。つまり、抜けてからではなく抜け毛が気になりだしたら服用を開始することが重要です。

ただし、フィナステリドは抜け毛を減らす効果が期待できますが、「髪を生やす・増やす」という働きはありません。すでに一定以上薄毛が進行している方は、別のお薬で発毛を促していく必要があります。


プロペシアの副作用は?

プロペシアは非常に安全な薬ではありますが、性欲の低下などの副作用が起きる可能性がわずかながら存在します。ただしその可能性は非常に低く、実際に副作用が起こる方はわずかです。


プロペシアを服用する時の注意点

プロペシアは、街の薬局やドラッグストアでは販売されていません。病院で医師の診察を受けて処方箋がないと入手できません。また女性や未成年はフィナステリドの効果が無いので服用しないのが一般的です。AGA治療薬の処方は医師にご相談ください。


ザガーロ

2015年9月28日に厚生労働省より認可され、2016年6月13日より、製薬会社GSK(グラクソ・スミスクライン株式会社)より発売されているまだ新しいお薬です。

主成分として「デュタステリド」が使用さています。「デュタステリド」は、元々「前立腺肥大症」を抑えるものとして欧米で承認が進み、その後AGA(男性型脱毛症)への効能が認められたことから、AGA治療薬としての開発が進み、「ザガーロ」で国内認可されたという経緯があります。


ザガーロの効果とは?

額や頭頂部の毛根付近に存在する「5αリダクターゼ」という還元酵素に作用し、薄毛や抜け毛の要因となっているDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることが期待されるものです。男性のAGA(男性型脱毛症)のみを適用対象としていますので、未成年の方や女性は服用できません。


ザガーロとプロぺシアはどう違うの?

ザガーロもプロペシアも5α還元酵素阻害薬に分類される薬です。「プロペシア」と「ザガーロ」の身体への働きかけの違いは、主に還元酵素「Ⅱ型5αリダクターゼ」のみに作用するか、「Ⅰ型5αリダクターゼ」と「Ⅱ型5αリダクターゼ」の両方に作用するかの違いです。

薄毛の原因はDHTというホルモンが原因で、男性ホルモンであるテストステロンと頭皮に多く存在している還元酵素の5αリダクターゼと結合して発生します。この5αリダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型があって、今までのプロペシアはこのうちのⅡ型に作用しますが、ザガーロの主成分のデュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方に作用します。

ザガーロの利用方法としては、プロペシアを使用している人でその効能に満足のいかない人への、セカンドチョイスとして利用することが多いです。


ザガーロの副作用は?

処方されたら医師の指示に従って、用法や容量を正しく守って服用することが大切です。万が一、副作用とみられるものが現れたらすぐに医師に相談をするようにしましょう。


ザガーロを服用する時の注意点

ザガーロは男性のAGAに適応がありますが、円形脱毛症やびまん性脱毛、抗がん剤による脱毛に対する効果はありませんので注意が必要です。ザガーロの服用中は輸血を行うことが出来ません。輸血や献血をする場合、服用を中止してから少なくとも一ヶ月以上の間隔をあける必要があります。女性、子供、未成年者は服用対象外となります。

商品名 プロペシア ザガーロ
有効成分 フィナステリド デュタステリド
効能・効果 男性における男性型脱毛症の遅延 男性における男性型脱毛症
用量 0.2mg、1mg 0.1mg、0.5mg
特徴 5α還元酵素2型阻害薬 5α還元酵素1型2型阻害薬

費用

デュタステリドカプセル(0.5mg)
(ザガーロのジェネリック薬品)
7,800円(税込)
プロペシア 7,300円(税込)
フィナステリド(1mg)
(プロペシアのジェネリック薬品)
5,100円(税込)

毛髪を生やす・太くするお薬

ミノキシジル

ミノキシジルはもともと血圧コントロールの薬を開発する過程で発見された成分で、のちに発毛効果があることがわかり薄毛や抜け毛の治療に利用されるようになりました。

ミノキシジルは毛細血管などの血流の改善を通して、髪に栄養素を行き届きやすくする作用をもたらします。この結果として「発毛効果」が期待できるものになっています。


ミノキシジルの効果(効能プロセス)

このように、「血管を拡張させる」という作用の付随効果として「発毛が促されること」が認められています。最近の研究では、毛の生成工場である「毛乳頭」や「毛母細胞」の働きを促進する作用もあると言われています。

外用薬の塗るタイプのミノキシジル(リアップなど)もありますが、それでは吸収率も悪く、ほとんど効果が得られないのが実情です。また内服ミノキシジルは男女の薄毛の両方に効果を発揮します。1日1カプセルを飲むだけですので、治療が簡単というのも美点の一つと言えるでしょう。

大きな副作用が少ないのも美点のひとつです。大きな副作用はほとんどなく、ほとんどの方が「体毛が少し増える」程度です。もちろん、可能性としては細かいものもありますが、その点についても当院ではカウンセリングや診察で事前に細かく説明しておりますので、どんなことでもご質問いただければ幸いです。


ミノキシジルを服用する時の注意点

薄毛の改善のためのミノキシジルを服用ですが、幾つか注意点があります。まず処方されたら忘れないように毎日飲み続けることが大切です。毛には生える周期があるため、1~2週間程度の短い期間ですぐにふさふさになったりするわけではありません。平均的には早くても3ヶ月間、徐々に効果が出始めていると感じられるようになるまでは6ヶ月~1年ぐらいは期間が必要になります。

薄毛を放置していた期間が長く、かなり進行していた場合は1年以上の治療期間が必要な場合もありますので、主治医と相談をしながら改善できているのかどうかを確認しながら続けていくことになります。心身に異常を感じたときには服用を続けるのではなく、きちんと診察をして状態を診てもらうことも治療のためには大切です。


ミノキシジルとフィナステリドの併用による効果

男性の場合は、発毛を促していくミノキシジルと、AGAの進行を遅らせる効果があるフィナステリドの両方を併用することで、発毛効果を強めることが可能です。両者は全く違うメカニズムで作用するので、併用は効果的です。 「フィナステリド」で薄毛因子を遮断し、「ミノキシジル」で発毛作用を促進するのが最も効率の良い薄毛改善策になります。この考え方に基づき、当院では個々の患者さまに最適な形で2つのお薬(フィナステリドとミノキシジル)を配合する「オーダーメイドAGA処方薬」という内服治療法を確立させています。

安価なクリニックの治療薬にはご注意ください

ネットなどで検索すると、あまりにも安い価格設定がされているクリニックがあります。薬の成分や配合量はクリニックごとに自由に調整ができるため、あまりにも安い場合には、品質や配合量に問題のあるケースも考えられます。

実際に当院にも「他院で処方された薬を服用したが効果がなかった」という患者さまが多くいらっしゃいます。当院では薬の品質や配分量は、患者さまに最適な効果が出るように独自の配合をしています。

「他のクリニックで治療を受けたけど効果がなかった」という方も諦めずに一度当院へご相談ください。

個人輸入の危険性

日本国内では、医師の処方箋が必要な薬であっても、個人輸入という名目でインターネットで海外の薬を購入することができます。メリットとしてはとにかくやすいという点があります。しかし、そのようなサイトで購入した薬は正規品と書いていても偽物か本物かの見分けはつきません。同じ名称で成分が異なるケースもあります。そして、もし副作用が起こったとしても全て自己責任となってしまいます。

これらのことから、個人輸入で薬を購入することはとても危険な行為なのです。米国食品医薬品局では、AGA治療薬のフィナステリドはインターネットなどで個人輸入するべきではない医薬品として名前を挙げています。AGA治療薬は、医師の指示の下で使用しなければなりません。医療用医薬品に指定されており、指示を守らなければ健康被害をもたらす危険性があります。

AGA治療薬に限らず、医師の処方が必要な薬に関しては必ず医療機関を受診して医師の指示の下で使用しましょう。