佐藤寿一クリニック

予防接種のご案内

日本の定期予防接種は3ヶ月齢から三種混合DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)、結核(BCG)、ポリオ(急性灰白髄炎)のワクチンから始まります。 新生児は2ヶ月齢までは母親から移行した抗体に守られていますが、それ以降は抗体が下がってしまいます。

細菌性髄膜炎といった極めて予後の悪い感染症から赤ちゃんを守るためには6ヶ月齢までに肺炎球菌とインフルエンザ菌b型(Hib)の初回免疫(3回分)を済ませておく必要があります。

2ヶ月齢から始められるHibワクチンとプレベナー(沈降7価肺炎球菌結合型ワクチン)をなるべく早く始めてください。赤ちゃんが痛がるからといって、大きくなって、プレベナーの接種回数が少なくなってから接種しようと考えておられるお母様もいらっしゃるのですが、小さな赤ちゃんほど疾患にかかりやすく重症化することを考えると、なるべく早期の接種をしてあげてください。

日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール(PDFファイル)


感染症・予防接種ナビサイトの「感染症の予防」説明資料(PDFファイル)

各種予防接種

町田市定期予防接種  実施対象年齢一覧表(2013年度用)

種類   対象年齢 標準的な接種年齢
ヒブ 個別接種 2か月~5歳未満 2か月~7か月未満
小児用肺炎球菌 個別接種 2か月~5歳未満 2か月~7か月未満
BCG 集団接種
(一般会場)
1歳未満 5か月~8か月未満
四種混合
(ジフテリア、百日せき、
破傷風、不活化ポリオ)
個別接種 3か月~7歳6か月未満
※15歳以上は予防接種ができません
3か月~1歳未満
不活化ポリオ 個別接種 3か月~7歳6か月未満 3か月~1歳未満
三種混合 第1期
(ジフテリア、百日せき、
破傷風)
個別接種 3か月~7歳6か月未満 3か月~1歳未満
二種混合 第2期
(ジフテリア、破傷風)
個別接種 11歳~13歳未満 11歳~12歳未満
麻しん風しん混合(MR) 第1期 個別接種 1歳~2歳未満 同左
第2期 個別接種 5歳~7歳未満で小学校就学前の1年の間にある者(年長児) 同左
日本脳炎 第1期 個別接種 6か月~7歳6か月未満
(3歳からがベスト)
※2回目
1ヶ月後
※追加
2回目終了1年後
3歳~5歳未満
第2期 個別接種 9歳~13歳未満 9歳~10歳未満
子宮頸がん 個別接種 小学校6年生~高校1年生相当 中学生1年生相当

※日本脳炎の特例について:平成17年の積極的な勧奨差し控えにより日本脳炎の予防接種の機会を逃した平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方は、20歳未満まで定期接種として無料で受けることが可能です。

自費での予防接種

(※)すべて税込価格です。

インフルエンザ
(20歳代の方を除けば2回接種が基本となります)
こちらをご覧ください
麻疹(はしか) 取り扱い中止中 5,200円
風疹(三日はしか) 取り扱い中止中 4,700円
MRワクチン(新二種混合:麻疹、風疹) 9,200円
※町田市のお子様は1期と2期のみ 無料
※町田市風疹抗体か妊婦健診済 無料
水疱瘡(みずぼうそう) 6,700円
※公費は無料
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 4,700円
ツベルクリン反応 2,200円
A型肝炎 7,200円
B型肝炎 6,200円
※公費は無料
高齢者肺炎球菌ワクチン 9,200円
※5,200円(町田市助成対象者)
四種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、不活化ポリオ) 7,200円
※公費は無料
三種混合 (ジフテリア、百日咳、破傷風) 4,200円
成人用三種混合 (ジフテリア、百日咳、破傷風) 5,200円
二種混合(ジフテリア、破傷風) 3,700円
※公費は無料
ガーダシル
(小6~高1以外の方)
17,200円
BCG 11,000円
※公費は無料
破傷風 2,700円
日本脳炎 4,700円
※公費は無料
サーバリックス
(小6~高1以外の方 1~3回目)
16,200円
ヒブワクチン 8,200円
※公費は無料
不活化ポリオワクチン 9,600円
ロタリックスワクチン2回接種法
(1回目・2回目)
16,000円
ロタテックワクチン3回接種法
(1回目・2回目・3回目)
11,200円

帯状疱疹予防のワクチン(2種類)

●帯状疱疹はどのように起こるか?何が問題か?どう予防するか?

水痘と帯状疱疹は同じウイルスによる病気です。水痘が治ってもウイルスは体内に残ります(中年以降の方の90%以上がこの状態)。

それが何かの拍子に活動を再開すると帯状疱疹を発症します。

潜んでいるウイルスを抑え込むのは免疫の力です。

それが弱まると帯状疱疹が起こりやすくなるのです(高齢者に多い理由)。

したがって、水痘・帯状疱疹ウイルスに対する免疫力を高めれば、帯状疱疹の発症と重症化を予防できるはずです。

帯状疱疹のあとに頑固な神経痛が残ることがあります(帯状疱疹後神経痛)。

これが一番つらい症状です。

●帯状疱疹予防ワクチンの種類

1)水痘ワクチンを流用する: 弱毒化ウイルスの 生ワクチン(国産)1回接種
2)シングリックス:遺伝子組み換え法の 不活化ワクチン(グラクソ・スミスクライン社製)2回接種

●2つの共通点

注射で投与し、水痘・帯状疱疹ウイルスに対する特異的な免疫力を高めます。

いずれも、50歳以上の方に使用できます。

●違い、その1 - ワクチンの効果

「水痘ワクチン」はやや弱めです。60歳以上に使うと、帯状疱疹の発症がおおむね半減し、帯状疱疹後神経痛は約1/3にまで減ります。「シングリックス」は非常に強力です。

帯状疱疹の発症頻度は、50歳以上の試験で3~5%にまでに激減し、70歳以上でも10%程度まで大幅に下がりました。帯状疱疹後神経痛もそれに見合って減少します。

●違い、その2 - 副反応

いずれも重篤な副反応はまれです。ただ、注射部位が痛んだり腫れたりします。

これは「水痘ワクチン」ではごく軽くすみますが、「シングリックス」はかなり強いのです。

また、筋肉痛や疲労感、頭痛のような全身症状も「シングリックス」に多いようです。

免疫反応を強めるために配合されたアジュバンド成分がその原因と考えられています。

なお、生きたウイルスを含む「水痘ワクチン」は免疫機能低下の人には使えません。

●違い、その3 - 価格と注射回数

当院価格で 「水痘ワクチン」 6,700円 ×1回 = 6,700円
「シングリックス」 22,000円 ×2回 = 44,000円

●どちらがよいの?

効果の差は明らかです。ただし、費用対効果比(コスパ)も考えましょう。

帯状疱疹を発症する可能性は、60歳以上だと1年間で100人に1人程度です(現状では)。

かかった場合に、本当につらいのは帯状疱疹後神経痛ですが、その頻度はさらに1/10に減ります。

ワクチンの効果がどれくらい長続きするか、まだ十分なデータがないので、追加接種の必要性が判断しづらいところですが、コスパは微妙なところだと思います。