糖尿病・高脂血症の概要

診療内容・専門分野

脂質異常症(高脂血症)

遺伝学会認定専門医として脂質異常症(高脂血症)、高コレステロール血症の遺伝子解析を行っていた経験をもとに、家族性高コレステロール血症の治療を中心に高脂血症の治療を管理栄養士とともに行っています。

糖尿病

糖尿病学会会員として、糖尿病に関して、診断から治療、合併症の管理にいたるまで、栄養士とともに糖尿病の全領域をカバーするように専門性を擁しています。

2型糖尿病に対する強化インスリン療法や、境界型糖尿病、食後高血糖型糖尿病の管理においては、他の施設にない特色があります。武眼科、こなり眼科などの糖尿病眼科の専門医と共同のチームとして糖尿病の管理を行っております。

提携の医療施設における教育入院はオープンベットとしてクリニックの医師も実際の指導をおこなうことにしているほか大学関連・病院関連の医療機関と緊密に診療連携を行っています。

治療

外来は、治療別にみると、お食事の見直し、経口血糖降下薬による治療、インスリン治療です。

糖尿病の合併症は糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病腎症といった細小血管の異常からもたらされる病気だけではありません。これら三大合併症は血糖コントロールの悪い場合に起こってくると考えられています。

軽症の糖尿病、たとえば食後の血糖が140mg/dlをこえてくるような境界型糖尿病や食後高血糖型糖尿病では、心筋梗塞、狭心症、虚血性心疾患、糖尿病性壊疽といった動脈硬化性疾患が合併症として発症してくることがわかっています。そのため、佐藤寿一クリニックではちょっとした血糖の異常だからとして見逃してしまわないようにしています。

インスリン注射の開始にあたっては、必ず血糖自己測定を指導し、積極的に強化インスリン療法を実施しています。

このページの先頭に戻る