管理栄養士紹介

管理栄養士が栄養指導をします。

佐野 京子

略歴

大学の管理栄養士養成課程卒業後、国家試験受験後、免許取得。
給食受託会社に勤務。
調理師免許取得。
ABC Cooking Studioにてブレッドコースインストラクター資格取得。
病院へ転職。
病院や福祉施設の献立作成
2007年4月より、当クリニックで栄養指導水曜日担当。
自宅にてパン教室近日開講。

ご挨拶

「栄養士」との出会い
子供の頃は食べ物の好き嫌いが多く、給食もほとんど残していました。
小学3年になるときに転校。前の学校では給食センターから運ばれていましたが、そこの小学校は栄養士がいて、子供たちに合わせた給食を作っていました。

子供が苦手な野菜は調理法を工夫したり、時にはデザートとして出したり。
毎日の給食便りが楽しみで、長期の休み前には子供でも簡単にできる料理の作り方を紹介してあり、休み中、昼食によく作りました。

同じ給食でも作る人が違うだけで、こんなにも美味しくなるものなのだと、感動したことを覚えています。 

栄養士としての仕事
大学卒業後、病院への就職を希望していましたが、給食会社へ転職しました。

始め配属された部署では、エリアマネージャーとして、営業店の運営・労務管理、パートさんの調理指導等、次に異動になった部署では、栄養士の教育を担当していました。
そして、その後は患者さんの指導をするため病院へ就職。 大病院や福祉施設の献立作成の仕事をしました。

これらの経験を今後の栄養指導に活かせればいいなと思っています。 

患者様へ
食事は人が生きてきる上で、なくてはならないものです。

いつまでも「美味しく」「楽しく」食事ができるよう、お役に立てればと思っています。
一緒にがんばりましょう!

《 管理栄養士になるには・・・? 》 
まず、栄養士免許を取得すること。 
次に、厚生労働大臣が行う管理栄養士国家試験に合格すること。

受験資格は次の通り。

栄養士養成施設卒業の場合、修業年限により実務経験1〜3年以上。
管理栄養士養成施設卒業の場合、実務経験は免除されます。

板垣 雪恵

ご挨拶

管理栄養士になってから、ン十年たちました。

管理栄養士になろうと思ったのは、高校 3年生になってからです。
それまで薬剤師になるつもりでいたのですが、ある時大学案内の本で女子栄養大学の学長香川綾先生(故)の『栄養学は予防医学である』という言葉に惹かれ、 そこから方向転換 栄養士の道を選びました。

どうせなら管理栄養士をとろうということで、資格の取れる専攻を進みました。

卒業し、資格を取ったのですが3年間は助手として大学に残り、その後管理栄養士の資格をを使おうと企業に転職、そこから苦手な献立作成などをみっちりしこまれつつ、セミナーなどの講師をしてきました。

出産を機に退職しましたが、在宅でもできる栄養指導の仕事を紹介してもらい、また少しずつ活動範囲を広げてきました。
栄養指導は企業の健保、保健所、クリニックなどでやっています。 

栄養指導する上で心がけていることは、患者様の話をよく聞くこと。

決して頭から私の話を押し付けることはしません。
患者様の生活習慣や食習慣は千差万別です。
改善していくのは大変なことです。

それを皆さん一人一人が自発的に自分の健康のために生活や食事を変えていこうと思っていただけるように、アドバイスができたらと思っています。 

医学の進歩とともに、栄養指導の方法も変わってきますし、情報量も多く、時には患者様から教えていただく情報もあります。初心を忘れることなく、いつもアンテナをはりめぐらし頭の中だけは若くしておきたいと思っています。

趣味はトールペイントやビーズなどのクラフト全般、友達とのランチ、ジムでのトレーニングです。チョコレートが大好きなので太らないように気をつけています(栄養士が太ってしまっては話に説得力がなくなりますからね)。 

クリニックでは笑顔でお迎えしています。
一緒に健康について考えていきましょう。

皆様のお越しをお待ちしています。

このページの先頭に戻る