糖尿病治療の動向

糖尿病患者の増加傾向

平成27年度の厚生労働省の国民健康・栄養調査では、「糖尿病が強く疑われる者」の割合が、男女ともに年々増加傾向にあります。

糖尿病による死亡リスクの高まり

糖尿病は循環器疾患による死亡のリスクを高めることで知られています。 糖尿病でない患者さんに比べて、糖尿病の男性では1.76倍、糖尿病の女性では2.49倍、循環器疾患による死亡のリスクが増えてしまいます。
また、糖尿病の患者さんの平均寿命は、日本の平均寿命より男女ともに約10年短くなっています。

新たな薬の選択肢

欧米では第一選択薬としてメトホルミンが広く使われていますが、エビデンスを重視し、世界に先駆けて改訂を行うカナダの糖尿病ガイドラインで、新たにSGLT-2阻害薬が第二選択薬のひとつとして位置づけられました。
その中で、心血管疾患をもつ患者さんには、優先的にエンパグリフロジン(製品名:ジャディアンス)を使うことが推奨されています。

このページの先頭に戻る