予防接種のご案内

日本の定期予防接種は3ヶ月齢から三種混合DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)、結核(BCG)、ポリオ(急性灰白髄炎)のワクチンから始まります。 新生児は2ヶ月齢までは母親から移行した抗体に守られていますが、それ以降は抗体が下がってしまいます。

細菌性髄膜炎といった極めて予後の悪い感染症から赤ちゃんを守るためには6ヶ月齢までに肺炎球菌とインフルエンザ菌b型(Hib)の初回免疫(3回分)を済ませておく必要があります。

2ヶ月齢から始められるHibワクチンとプレベナー(沈降7価肺炎球菌結合型ワクチン)をなるべく早く始めてください。赤ちゃんが痛がるからといって、大きくなって、プレベナーの接種回数が少なくなってから接種しようと考えておられるお母様もいらっしゃるのですが、小さな赤ちゃんほど疾患にかかりやすく重症化することを考えると、なるべく早期の接種をしてあげてください。

日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール(PDFファイル)

各種予防接種

町田市定期予防接種  実施対象年齢一覧表(2013年度用)

種類   対象年齢 標準的な接種年齢
ヒブ 個別接種 2か月〜5歳未満 2か月〜7か月未満
小児用肺炎球菌 個別接種 2か月〜5歳未満 2か月〜7か月未満
BCG 集団接種
(一般会場)
1歳未満 5か月〜8か月未満
四種混合
(ジフテリア、百日せき、
破傷風、不活化ポリオ)
個別接種 3か月〜7歳6か月未満 3か月〜1歳未満
不活化ポリオ 個別接種 3か月〜7歳6か月未満 3か月〜1歳未満
三種混合 第1期
(ジフテリア、百日せき、
破傷風)
個別接種 3か月〜7歳6か月未満 3か月〜1歳未満
二種混合 第2期
(ジフテリア、破傷風)
個別接種 11歳〜13歳未満 11歳〜12歳未満
麻しん風しん混合(MR) 第1期 個別接種 1歳〜2歳未満 同左
第2期 個別接種 5歳〜7歳未満で小学校就学前の1年の間にある者(年長児) 同左
日本脳炎 第1期 個別接種 6か月〜7歳6か月未満
(3歳からがベスト)
※2回目 1ヶ月後
※追加  2回目終了1年後
3歳〜5歳未満
第2期 個別接種 9歳〜13歳未満 9歳〜10歳未満
子宮頸がん 個別接種 小学校6年生〜高校1年生相当 中学生1年生相当

※日本脳炎の特例について:平成17年の積極的な勧奨差し控えにより日本脳炎の予防接種の機会を逃した平成7年4月2日〜平成19年4月1日生まれの方は、20歳未満まで定期接種として無料で受けることが可能です。

自費での予防接種

インフルエンザ
(20歳代の方を除けば2回接種が基本となります)
こちらをご覧ください
麻疹(はしか) 4,500円
風疹(三日はしか) 4,000円
MRワクチン(新二種混合:麻疹、風疹) 8,500円
水疱瘡(みずぼうそう) 6,000円
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 4,000円
ツベルクリン反応 1,500円
A型肝炎 6,500円
B型肝炎 5,500円
高齢者肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス) 8,500円
四種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風、不活化ポリオ) 8,000円
※公費は無料
三種混合 (ジフテリア、百日せき、破傷風) 8,000円
※公費は無料

ワクチンの種類
(弱毒化ワクチン・不活化ワクチン・トキソイド)

弱毒生ワクチン 不活化ワクチン トキソイド
概要 様々な方法で病原体の病原性を弱めたもの。 病原体を殺菌もしくは不活化して感染性をなくしたもの。 病原体(殺菌)の外毒素を無毒化したもの。毒素に対する抗体が産出される。
主なワクチン 麻疹、風疹、BCG、水痘、流行性耳下腺炎 など ポリオ、インフルエンザ、A型肝炎、狂犬病、日本脳炎、百日咳、B型肝炎 など ジフテリア、破傷風 など
利点 長期にわたる免疫を獲得できる
液体免疫と細胞性免疫の両方を獲得できる。
弱毒性ワクチンに比べ、安全性が高い。
欠点 病原性は弱いが、不活化ワクチンよりも感染症の発生などの副反応を起こす可能性が高い。 免疫能の持続が短期間であるため追加接種が必要になる。
細胞性免疫は獲得されない。

このページの先頭に戻る