子宮頸がんについて

20代〜30代の女性に急増する子宮頸がんの主な危険因子は、ヒロパピローマウィルス(HPV)感染によるものだと言われています。

ヒトパピローマウィルスには100種類以上の型(タイプ)が発見されておりますが、子宮頸がんの約65%はHPV16型または18型が原因だと言うことが分かっており、また、尖圭コンジローマの90%以上は、HPV6型または11型が原因だと分かっております。

子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸がん予防ワクチンはこれまで任意接種でしたが、2013年4月1日から定期の予防接種に変わりました。接種費用は無料です。

これから初回接種を行われる方は、「サーバリックス」か「ガーダシル」のどちらかで接種を行ってください。なお、子宮頸がんに対する効果は、いずれのワクチンを接種しても同じであると言われています。

効果について直接比較したデータはありません。海外では2種類のワクチンの抗体価を調べたデータもあるようですが、WHOガイドラインや米国疾患管理予防センター(CDC)予防接種諮問委員会(ACIP)の勧告によりますと、長期予防効果に対する相関性は明確になっていないという見解です。

子宮頸がん予防ワクチンについての当クリニックの考え方

2つのワクチンの違い

  サーバリックス ガーダシル
予防できるHPVの型 HPV16、18 HPV6、11、16、18
予防できる病気 子宮頸がん 子宮頸がん、尖圭コンジローマ

接種スケジュール

サーバリックス

ガーダシル

両方のワクチンを接種することはできません。必ず1回目に打ったワクチンと同じものを続けて接種してください。

2012年6月27日 厚生労働省による注意喚起の報道について

子宮頸がん予防ワクチンを接種した際の、強い痛みによりショックから気を失ったり、倒れたりするケースが多発しているとして、厚生労働省は2012年6月27日、医療機関に対し注意喚起を行いました。

子宮頸がん予防ワクチンは、他のワクチンとは異なり、肩近くの筋肉に注射するという行為そのものの痛みや恐怖、興奮などから失神したり、倒れたりする副作用が起きる事があるといわれております。

また、接種後30分から1時間で症状が現れることもあり、接種後30分程度はいすなどに腰かけ、安静にしていただくようお願いします。

2014年1月20日開催 第7回副反応検討部会における審議結果(概要)

2014年1月20日に開催された第7回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において、子宮頸がん予防ワクチンの副反応等の検討がなされました。

子宮頸がん予防ワクチン接種後に副反応として報告された症例、おもに広範な疼痛又は運動障害を来した症例について、論点整理を行い、以下のような合意が得られました。

  1. 海外においても同様の症例の報告はあるものの、発症時期・症状・経過等に統一性がなく、単一の疾患が起きているものとはできないとして、ワクチンの安全性への懸念とは捉えられていない。
  2. サーバリックスとガーダシルの比較では、局所の疼痛の報告頻度は、サーバリックスの方が有意に高く見られるものの、広範な疼痛又は運動障害には、有意な差はない。
  3. 広範な疼痛又は運動障害を来した症例のうち、関節リウマチやSLE等の既知の自己免疫疾患等と診断されている症例については、ワクチンとの因果関係を示すエビデンスは得られていない。
  4. 今回の症状のメカニズムとして、(1)神経学的疾患、(2)中毒、(3)免疫反応、(4)心身の反応が考えられるが、(1)から(3)では説明できず、(4)心身の反応によるものと考えられる。
  5. 子宮頸がん予防ワクチンは局所の疼痛が起きやすいワクチンであり、接種後の局所の疼痛や不安等が心身の反応を惹起したきっかけとなったことは否定できないが、接種後1か月以上経過してから発症している症例は、接種との因果関係を疑う根拠に乏しい。
  6. 心身の反応が慢性に経過する場合は、接種以外の要因が関与している。
  7. リハビリなど身体的アプローチと心理的アプローチ双方を用いて、集学的な治療により重症化・長期化を防ぎ、軽快させていくことが重要である。

報告書案をとりまとめ、次回以降(次回は2014年2月を予定)、積極的な接種勧奨の再開の是非について改めて審議される予定です。

このページのトップに戻る